×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

泡立てネットでもこもこ泡を

洗顔するときは泡立てネットを使うと、お肌を傷つけず洗うことができて良いです。洗顔フォームや石鹸を泡立てネットで、モコモコの泡を作り、Tゾーン・頬に泡をのせましょう。皮脂が分泌しやすい箇所から洗うようにしましょう。なぜなら皮脂が多く分泌している部分なので、お肌のトラブルが起こりやすい箇所なので、泡の洗浄力が強い状況で洗いましょう。

泡立てネットを使うことはコメドの予防につながります。なぜなら肌荒れを防ぐことにつながるためです。泡立ちが少ない状態ですと、肌と指が直に触れてしまうため、刺激が強くなってしまいます。そのため、きちんと泡立てることで肌を傷つけずに洗うことができるのです。

32〜35℃のぬるま湯

image ぬるま湯を使う理由というのは、お肌に必要な皮脂を落とさないようにするためです。熱湯は皮脂を落とし過ぎて乾燥してしまいます。そのため32℃程度のぬるま湯で泡をゆすぐようにしましょう。洗顔後の保湿はもちろんのこと、洗顔時も乾燥を防ぐための工夫をする必要があります。今日から気を付けてみてください。

泡で汚れを落とす

泡立てネットで作った泡で洗顔していきますが、汚れはモコモコの泡で吸着するのです。泡が少ない状態では毛穴の奥に泡が入らないため汚れがきれいに落ちません。そのため泡立てネットできめ細かい泡を作ることは大切なのです。コメドの炎症を抑えるのには個人的には泥石鹸がおすすめです。泥は特に汚れを吸着できるため、コメドの汚れをきちんとキレイにすることができるためです。


HOMEコメドを取る方法優しく洗うのが一番栄養バランスが改善の鍵
リンク集|1234